読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『たのしいRuby第3版』第19章演算式

変数へ値を代入するところ。これは今までのやって来た言語には無かったかな。。
基本的に、
・左側の式から順に評価される
・論理式の真偽が決定すると、残りの式は評価されない
・最後に評価された式の値が論理式全体の値となる

>> ary = [1,2,3]
=> [1, 2, 3]
>> item = ary && ary[0]
=> 1
>> item = ary || ary[0]
=> [1, 2, 3]
>> var = nil
=> nil
>> name = var || 'Ruby'
=> "Ruby"
>> name = var && 'Ruby'
=> nil
>> var2 = nil
=> nil
>> name = var || var2
=> nil
>> name = var && var2
=> nil
>> var = 'RUBY'
=> "RUBY"
>> name = var || var2
=> "RUBY"
>> name = var && var2
=> nil
>> var2 = 'C'
=> "C"
>> name = var || var2
=> "RUBY"
>> name = var && var2
=> "C"

こんな感じか。