読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける』

英語

  

英語の勉強方法について、いくつか書いて来ましたが、

前から気になっていたこの本を一応読んでみることにしました。

 

 

薄い本なので、行き帰りの通勤電車の中で、さっと読み切れる内容かと思います。

一読の価値はあるかと。値段も1,500円程度なら、投資効果抜群な気がします。

 

この本で共感出来たのが、「毎日1万語を眺める」の箇所です。

「1万語を読む」ではなく、「1万語を眺める」と説いています。

 

僕もこれには賛成で、分からなくても良いので、「眺める」だけで

英語の型みたいなものが見えてくると思います。

このブログを読んで頂けている方は、エンジニア、特にプログラマーさん

とかが多いかと思いますが、例えば、何か新しいプログラミング言語

習得する場合も、その言語で書かれたソースを沢山読むと、その言語の

特徴みたいなものが見えてくる時があると思います。

 

英語もこれと同じで、とにかくインプットする量を多くしてみましょう。

この本でも書いてありますが、分からなくても良いのです。

「眺め」続けていると必ず見えてくるものがあると思います。

但し、ほぼ毎日欠かさず実行しないとダメなので、習慣化して行く

ことが必要となるのは言うまでもありません。

 

個人的な意見ですが、「量を多くインプットする」という行為は

何かを身につける際の真理であると考えています。

脱線してしまいますが、何をするでも日頃から「量を多く」を心掛けると

良いことがあるかもしれません。